40数年前の軽飛行機免許試験くらいだな

今週のお題「試験の思い出」

試験の内容は有視界飛行・単発陸上軽飛行機なので、飛行機乗りの必要な全般的な試験だった。航空力学、機体構造、気象学、航空学(ナビゲーション)等を400問を4時間以内に回答提出と言う規定だったと思う。四択の2つは微妙で1つが正解と普通の試験だが、航空学は1問に10分位掛かる要計算問題だった。確か合格ラインは60%だったかな?この試験の準備に夜学に通っていたので、楽勝だった。2時間で終えて合格通知をもらった。とここまでが座学で、次は飛行試験だ。すでに60時間は飛び回っていたし、試験官は飛行学校の教官で、安全な飛行ができる事を確認する試験で、簡単に合格をもらえた。座学と練習飛行全部で6カ月で免許取得できた。この試験以来合否の付く試験は受けていないな。費用は確か70万円くらい?(当時のカナダドルレートは176円かな)当然だが試験は全部英語で専門用語多々有り。