Day 33はMontreal観光ととあるショーを観る

朝はIGAと言うスーパーへ飲み水を買いに行く。そこで長蛇の列を発見!それは何かと家内が調べると何とロブスターのセールの列だった。1ポンド$8.99今まで見てきた値段の半額セールだから長蛇の列が頷けた。皆さん箱に2~3匹はあ買って行きました。

1日メトロパスを昨日買い(一人$10)バス観光に出発。ホテルから1分でバス停に着き5分ほどで乗車完了。運転は人任せのバス移動の開始だ。およそ1時間かけてBeaconsfield地域からMontrealの中心部へ移動した。途中運転中で見られなかった景色を見ながらの道中である。Montrealメトロ駅のLionel-Groulxで下車しOrange LineをMont Royal駅で下車しMont Royal行きのバスへ乗る。途中のバス停でゴム標識近すぎて停めたため前の扉が閉まらなくなり、自分が降りて標識をまげてバスを動かし難を逃れる。

Mont RoyalでMontrealのDawntownが見渡せる。

Dawntownを背景に自身の写真を撮ってもらい友人に送る。背景が彼の出身校のMcGill大学で彼の学部の建物が入るようにした。数年前も同じ様な写真を送ったと記憶している。

急な坂道を階段を使い降りて下町繁華街へパン屋を探しに向かう。この地域が自分でMontrealらしいと思う。パン屋にある休憩場所で味見をし、今後の計画を少ししていると室内の電気が消えたような感じがするが、天窓からの光で何不自由がなかった。ところが外に出る前に店内が暗いのに気付くのと、現金のみの簡易の張り紙を見る。外の商店街も電気が付いていない。地域的な停電が起こったようだ。信号機も点いていなかった。

上記知人の弟君との合流場所のレストランをめがけて街を移動する。

待ち合わせの時間までを旧市街地と港の散策に行く。港から見たDawntownの様子。

ここはクルーズシップの停まる波止場で横浜大桟橋の様に木の遊歩道になっていた。近くには観覧車などの遊べる場所も結構できていた。大きなテントがあったがもしかするとCirque du Soleilの常設テントかな?

弟君が少し遅れると言うので、レストランで席を取り2分待っていると到着。初めて会うのでしばらく自己紹介をする。生バンドが入った典型的な(?)Montreal風のレストランかな?自分は牛のタルタルを注文、牛だけど旨かった。

Notre Dame寺院でのライトショーに向かう。全く知らずに始まったショーに感激した。音楽に合わせた光の祭典で、寺院の前にある像や周りの壁といるよりは寺院半分を使ったショーだった。数年前から始まったようだがCirque du Soleil神戸ルミナリエを手掛けている会社が仕切っている様だ。以前は日本からこのショーだけのツアーもあったらしい。家内がこの技法はプロジェクションマッピングだと言っていた。

このショーが終わり外に出てみると、外はウクライナ支援のコンサートが行われていた。カナダにはたくさんのウクライナ人が移住しているので、所々でこの様な集会がある。

停まっていた車もウクライナ仕様?後ろの窓には”Russia Kills”と言う張り紙もあった。