Day 04 でTerrace到着

Telkwaを出発してSmithersを走り過ぎ、Moricetownに到着した。

このMoricetownで先住民族達の鮭採取場?がある。川の急流に2本の魚道(Fish Ladder)がありそれらの周りでサケ漁をしている。一般人には禁止の漁方で網(タモ)を使っている。この日は残念ながら誰も漁に出ていなかったし、燻製場から煙も出ていなかった。10月近くには最盛期になると思うけど。8月だと晴天だ。

河の名目はSkeenaだったと思う。ここが狭くなって滝のようななっている。

コンクリートの壁が魚道で30㎝位の水の階段が作られている。そこを鮭が楽に通れるようにしてある。

先住民族のスモークハウスで鮭の燻製を作っている。手前で魚を処理し塩漬後に扉の中でぶら下げて燻製にする。以前見せてもらったら部屋の中央に焚火があり、その周りに鮭が吊るされていた。広さはおよそ8畳くらいかな?

しばらく走ると次はNew Hazentonで、NewがあればOldもあって、写真の右側の道を走りOld Hazeltonに以前行ったことがあり先住民族の村があった。写真の像は金鉱掘りでこの辺りも彼らが北に向かった名残があった。

次の町はTerraceで車で南に15分位のでLakelse Lakeのキャンプ場に到着。ここもBC州立公園内のキャンプ場だ。ここで2泊して、明日はPrince Rupertと言う町に日帰り旅行をする。

余談だが、日本から太公望達のグループに数回この近くの空港であったことがある。彼らは数週間小屋に寝泊まり(ガイドツアー)Steelheadを釣っていたそうで、たくさんの写真を見せてもらった。Steelhead(鉄頭)は淡水↔海水と何年も行き来できるマスでとんでもなく大きくなる様だ。空港にSteelheadのはく製があったが確か40~50㎏だったと思う。でかい!