Day 20のハイライトはWaterton Lakeだ

春には雪が多くキャンプ場が開いていなかったWaterton Lakeだが、夏なら開いているので行ってみる事にした。地図の一番下の線はカナダーアメリカ国境である緯度49度線だ。Dawson Cityは64度だったので15度南下した事になる。

Waterton Lakeに到着もキャンプ場は満室?状態で観光して他の場所に移動しよう。

キャンプ場近くの駐車場に車を停めて、キャンプ場の近くの滝Cameron Fallまで徒歩移動。

町の様子はこんなロッキー山脈って感じ

自転車レンタル店かな?

Prince of Wales Hotelからの景色は有名、今回は通過した、笑。

湖の海岸線からアメリカ側を望む。湖の最後の一部からアメリカで、公園局の出張所があるが、係員も生活物資は全部こちらカナダ側から運んでいる。ここは数少ないパスポート無しでもアメリカ入国できる場所だ、2度行った。そこからアメリカのどこの町まで行くのには、決死の覚悟と大量の物資それと徒歩で歩ける体力がないといけない。北のHyder, Alaskaと同じ条件だな。普通は車でちょっと行けるのにな。

これからキャンプ場探しに走り出したが、空が不穏な色になっている。山火事の煙と乾燥からきているようだ。

途中でキャンプ場探しをしていて見つけた滝。名前はあるが忘れた。

Frank Slideを通り過ぎてキャンプ場があったがそこまでの道が分らず通過。結局BC州まで帰ってしまった。次の町のFernie, BCでキャンプ場があったので泊まる事にする。係員に教えてもらった使われないだろうというサイトに泊まれることになる。キャンプ場移動中に熊の母子3頭に出くわす。熊に気を付けたいものだ。